産後ダイエット下っ腹の引き締め方法

産後ダイエット下っ腹の引き締め方法
妊娠出産という大仕事を終え、かわいいベビーちゃんとのハッピーな毎日を送っているママの悩みといえば…そうです、産後もなかなか戻らないぽっこりした下っ腹…。

体重は妊娠前に戻ったのに、このぽっこりしたお腹と、たるたるお腹はどうすればいいの〜!?

とお悩みのママのために、今回は産後のぽっこり下っ腹を引き締める方法をご紹介します。



産後ダイエットはいつから始めればいい?


産後すぐ〜1ヶ月くらいまでは、悪露という分泌物が出てきます。

長い人でも2ヶ月くらいには子宮が回復し、完全に悪露が収まります。

 

個人差はありますが、だいたい産後2〜3ヶ月くらいから運動をしたり、骨盤ベルトやショーツなどで引き締めるダイエットを始めるのがよいでしょう。

産褥期は長くても産後半年まで。

 

産後半年までには骨盤矯正をはじめると効果が高いと言われています。

 

あくまでも目安なので、自分の体調と相談しながら、無理のないように進めていくようにしましょう。

 

出産後ポッコリした下っ腹を引き締める方法


産後に下っ腹がポッコリと出てしまう原因は、ずばり骨盤!

 

引き締めるポイントは2つ。

骨盤をしっかりと矯正すること、そして筋力をアップすること。

短期で下っ腹の引き締め 即ポッコリお腹とたるみを解消

 

お尻歩き


お尻歩きの方法は簡単です。

まず両脚を前にのばして床座になります。

そして腕は胸の前でクロスさせ、お尻を交互に前に出しながら歩きます。

前だけでなく、後ろに歩くのも効果的♪テレビを見ながらでも、赤ちゃんを見守りながらでもできる簡単なエクササイズですが、骨盤を矯正するのにとても効果的な運動です。

 

ケーゲル体操


ケーゲル体操は骨盤底筋(膣や尿道、直腸周囲の筋肉)を強くするトレーニングです。

 

骨盤の底は骨ではなく、筋肉で支えられています。

骨盤底筋群を鍛えることは、骨盤周辺の引き締めに効果抜群!

 

まず、仰向けになります。膝を立てて、足は肩幅くらいに開きましょう。

リラックスして力を抜き、お尻の穴と膣をぎゅっと締めて、息を吸いながらお尻の穴と膣を胃の方へ引き上げるイメージで締めていきます。

 

そのままの状態で5秒かけてゆっくり息を吐きます。

吐き切ったらリラックス。

これを5回行いましょう。

 

次にそのままの姿勢からお尻を上げていきます。

お尻を浮かせて肩甲骨の下くらいまでを床から離し、姿勢を保ったまま息を吸います。

 

吸いながら、先ほどと同じようにお尻の穴と膣を引き上げていくイメージで締めていきます。

締めたままの状態で5秒かけて息をゆっくりと吐き、吐き切ったらリラックス。

これを5回行いましょう。



たるんだ下っ腹を引き締める方法


出産によって大きくたるんだお腹を引き締める方法は、ぽっこり下っ腹を引き締める方法で紹介した骨盤矯正や筋力アップに加えて、ストレッチで血行を促進し、骨盤ショーツやガードルなどで日常的に引き締めておくのがおすすめ。

下っ腹の痩せ方 下腹部をへこませる腹筋と筋トレ

 

ストレッチ


たるんだ下っ腹を引き締める方法としておすすめなのがストレッチ。

お腹を引き締めるストレッチを、朝晩毎日続けましょう。

 

まず、膝をたてて床に座ります。

背筋をピンと伸ばして両腕を前に出し、手のひらを上に向けます。

ゆっくりと息を吐きながら、上体を後ろに倒していきます。

「きついな」というところでストップ。

 

そこからゆっくりと手を左へ動かして体をひねり、またゆっくりと元の位置に戻ったら、右へひねっていきましょう。

これを左右交互に3回ずつやります。

 

骨盤ショーツやガードルを履く


一番簡単な引き締め方法といえば、骨盤ショーツやガードルを履くこと。

常に引き締めておくことができるので、お腹のたるみにとても効果的です。

ただし就寝時は締め付けのないゆったりしたショーツにしましょうね♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ