お腹のお肉の落とし方 ウェストを細くする運動

お腹のお肉の落とし方 ウェストを細くする運動
ウエストは細い、くびれはある。

でも、なぜか腰の周りに脂肪があって見映えが悪い。

中途半端なところについてしまった憎き腰の脂肪の落し方を今回は書かせていただきます。



なぜ腰に脂肪がつくのか?


・猫背など、姿勢が悪いと血行が悪くなり脂肪分がたまりやすい。

・腰回りが冷えている(冷たいと燃焼しにくいですよね?)

 

これらの2つが主な原因です。

考えてみれば当たり前のことなのですが、椅子に座っている時など猫背になってしまいがちですよね?

 

腰は普段からあまり動かさない場所なので筋肉をつけましょう。

筋肉がある場所に贅肉はつきにくいです!

 

ねじって燃焼


腰をねじることで脂肪を燃焼する筋トレにちかいエクササイズです。

 

体育座りで背筋を伸ばし胸の前で手を重ねます(正面からみるとTになるように)

その状態で大きく息を吸い、左へ腰をひねりながら息を吐きまだします。

ひねった腰を正面にもどしながら息を吸います。

 

これの左右を10回から15回ほどやりましょう。

セット数をふやすとより効果的ですよ!

 

意識の仕方としては息を吐く際に腹筋を使いましょう。

頭が意識した部分には無意識に力がはいります、それを利用するのです。



骨盤を浮かせる


仰向けになり立膝になります。

その状態で顔をお腹に近づけ(おへそをみるといいです)ひざをお腹に近づけます。

すると腰とおしりが上がりますよね?(持ち上げるときに大きく息を吐くこと)

これを大体5回から8回やります。

腰をもとに位置に下ろす際はゆっくりおろさないと打ってしまうので気を付けてくださいね。

お腹の肉を落とす運動 ぽっこりお腹解消で簡単お腹痩せ!

 

最後にいつやりました?フラフープ


身体が大きくなってから、社会人になってからはまず日常的にやっていないであろうフラフープ。
腰、すごい使いますよね?

フラフープは腰を使って回して遊ぶ道具なので、腰の脂肪燃焼と非常に相性がいい道具です。

 

特にフラフープは腰を使う意識が非常に大きな道具なので

 

引き締まってきている!

燃焼している!

 

といった実感がすごくわかりやすい腰のひきしめ方法です。

 

これも続けることでかなり早い段階で効果が出ると思います。

限界まで回しましょう!

 

辛い体勢で・・・


右手か左手か、どちらかすきな順番でかまわないのですが手をまっすぐ床についてください。

そして脚をまっすぐ付きます。(△っぽい形ですかね?)

脚はバランス維持のためにそろえるのではなくクロスしてついてください。

 

その状態で腰を天井にむけて吊り上げるイメージで上げてみてください。

これを交互に、もう無理だと思うまで続けてみてください。

 

こちらは体勢維持で腰の筋肉を使うことで脂肪燃焼するトレーニングです。

辛いですが試してみる価値はあると思いますよ。

ビリーズブートキャンプの腹筋プログラムは効果があるのか?

 

いかがだったでしょうか?

食事制限は特に必要ありません。

 

普段あまり使っていない、腰を使って筋肉をつけてあげることで贅肉がつきにくい引き締まった腰を手に入れることができるのです。

効果が出やすい場所でもあるのでがんばりませんか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ