お腹周りが痩せて見える冬ファッションコーディネート

お腹周りが痩せて見える冬ファッションコーディネート
これから来る冬のファッションの悩みといえば、重ね着による着膨れが代表的な悩みの一つですよね。

高機能インナーに買い換えて重ね着したり、黒っぽい服を選んで着てみたり、見よう見まねで努力はしてみるものの、なかなか上手くはいかないものです。

 

かと言って、頑張って薄着をしたりすると、女性にとって冷えは大敵。生理痛がひどくなるなど、婦人病の原因にもなります。

更には、冷えれば冷えるほど、身体は自然と子宮を守ろうとするため、下腹部に脂肪を蓄えようとするので、逆にスッキリ見せるどころか、更にブクブクに見えてしまう可能性もあります。

 

ここでは、冬でもバッチリ温かい重ね着をしても、おなか周りがスッキリ見えるファッションコーディネート術をご紹介します。



ワンピースを着たら


重ね着をすると、どうしても特におなか周りがごわごわします。

そのごわごわを隠すのに、いちばん簡単なのはワンピースを着ること。

 

しかし、ただ着ただけでは、うまく隠せていると思っているのは着ている本人だけ。

周りから見たら、おなか周りとお尻周りのごわごわが実は歩く度に強調されて太って見えることがあります。

 

そんな時は下記を参考にしてみてください。

 

あえて細いベルトをしてウエストを強調


頑張ってきつく締める必要はありません。

無理のない範囲で緩めにウエストを絞るだけでスッキリ見えます。

 

重要なのは細ベルト。

 

細ベルトは縦のラインを際だたせます。

ここで間違って太ベルトを使ったりすると、強調しすぎる事になり逆効果になります。

ビリーズブートキャンプの腹筋プログラムは効果があるのか?

 

ベルトの位置は少し高めに。

目の錯覚により脚長効果もあり全体的なスタイルもバランスよく見えます。

 

ベルトをしたくないデザインの時は…


視線がウエスト周りだけに集中しないように、帽子やネックレス等の装飾品を上半身に使い、視線をずらすように促すのも重要なポイント。

これからの季節などは、大きめのマフラーも効果的なアイテムです。



ツーピースの時は


ツーピーススタイルでもやはり間違いやすいのは、ウエストを隠そうとしてただ、だら~んとトップスを着てしまうこと。

おなか周りスッキリをみせるには、逆に思いきって強調しちゃいましょう。

 

スカートの場合


ふんわりしたタイプではなく、引き締めて見えるようなちょっとピタッとした丈の短いデザインのものを選びます。

イメージとしては、ジーンズ生地のスカートのようなタイプです。

 

パンツの場合


いろいろなデザインのパンツがありますが、パンツスタイルは、まずカラーで選びましょう。

パンツは脚長効果もねらい、靴やタイツ・レギンスなどと、なるべく同系色の色を選びます。

 

ブラウスやシャツをインして着る場合


ブラウスの裾をいったんスカートやパンツの中に入れ、その後裾を少し引き出して、ふわっと膨らませて着ることでポッコリお腹を隠しちゃいましょう。

 

サッシュ/ベルトを使う場合


太めのデザインのものを選びましょう。

ベルトの面積を増やすことで、まとまりをもたすことができウエストを強調できますので、全体的に見た時にウエストが細く見えます。

お腹痩せに効果のある筋トレ方法 ドローイン&クランチ&レッグレイズ

 

アウターを着る場合


これからの季節のアウターは、寒さ対策としてもおなか周りを隠すためにも大活躍です。

アウターを選ぶ時は重ね着をたくさんしているのを隠すためにやや大きめや長めのデザインを選びがちですが、気をつけないと、スッキリどころか体格が大きく、ガッチリしているように見えることがあるので要注意です。

アウターは買う前に必ず鏡の前で試着して、自分の身体のバランスとあったものを選ぶように心がけましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ